肝臓を整えて、腰痛・肩こりを改善

患者様

30代 女性 保育士

症状

・立位時に慢性的な腰痛

・常時、肩こりを感じている状態

・猫背、巻き肩が強い状態

・便秘気味

・右肩が左肩に比べて下がり気味

検査結果

・肝臓・小腸・大腸の疲労

・頚椎1番、2番に歪みが見られ、自然治癒力が低下している状態。

・糖質の過剰摂取で反応

 

施術内容と経過

■初回

脊椎・肩甲骨・肋骨調整

大腰筋アプローチ

肝臓・小腸の調整

後頭部周辺の筋肉アプローチ

 

施術後に肩関節の挙上での可動域改善が見られる。

■2回目

後ろに反らせた時の痛みは残る。ただ、普段の腰痛はやや軽減。引き続き内臓アプローチ。

お菓子などの間食を減らすように伝える。

■4回目

姿勢に改善が見られる。ただ、右肩が下がる歪みは残る。

肩こりや腰痛は和らいできている。

■6回目

施術を受けてから1週間程度すると少し症状が戻る。腎臓のアプローチも追加して、血流を良くすることを意識する。

■8回目

姿勢がかなり改善し、自覚症状もほとんどない。ただ、肝臓の固さはまだ残存しているので、油断しないように促す。

■10回目

施術間隔を2週間空けても状態が安定しているので、このまま定期的に来院していきながら内臓の状態をキープしていく。

 

考察

今回の事例は全体的に内臓が疲労していることが、大きな問題点でした。

右側にある肝臓が疲労することで体が右側に歪み、小腸や大腸が固くなることで姿勢が乱れ、腰の痛みや肩こりの引き金になっていました。

内臓での施術と間食を減らすことで内臓疲労が改善し、自然治癒力が向上。症状の改善につながりました。

ウィル整体院

〒456-0002名古屋市熱田区金山町1丁目11-2 メイプル金山405