坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の本当の原因とは

坐骨神経痛とは、病名ではなく脚のしびれや痛みの症状の総称を指します。

坐骨神経痛が出現しやすい疾患としては「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」などがあります。

・・

そして、坐骨神経痛の症状がある方の多くの方が

筋肉をほぐしたほうが良い。

牽引や電気を当てたほうが良い。

もう手術するしかない。

と言われて来院された方がほとんどです。

もちろん間違えている理論ではなく、状態が改善された方もいたと思います。

ですが、根本的な解決につながるのでしょうか。

上記のような対応方法は一時的に血流を良くしているだけにしかすぎません。そして血流を悪くしてしまうもとの原因を改善することのほうが、ずっと大事になります。

そこで注目したのは自律神経です。
現代人は様々なストレスにさらされていており、坐骨神経痛で悩んでいる多くの方々もストレスがきっかけで自律神経の乱れが起きている状態です。
/
自律神経は血流や内臓をコントロールする非常に重要な働きをします。その働きが乱れることによって、血流の低下や内臓の働きの低下をおこします。
それによって、坐骨神経も固くなってしまい、神経痛を引きおこします。
また、一晩寝れば回復する体の状態でも、自律神経が乱れていることで回復しにくくなり、牽引やマッサージを受けてもなかなか改善しないのです。

ウィル整体院の改善方法

当院では自律神経のコントロールをメインにして施術をしていきます。ステップを踏みながらあなたの坐骨神経痛を改善させていきます。

 

骨格調整

骨盤や背骨など、骨格に歪みや固さがあると、全身に体液が循環しにくくなります。

うまく循環ができないだけでも、自然治癒力が低下し、症状の改善の遅れにつながります。

当院ではまずはじめに骨格の検査をし、問題の場所を見つけ出すことで、循環がうまくいくようにしていきます。

 

内臓調整

内臓を調整することも坐骨神経痛の改善するためには必要な要素です。

内臓が疲労するだけで姿勢の乱れをひき起こします。そして、その姿勢の乱れが坐骨神経の負担を大きくしてしまうのです。

坐骨神経に負担をかけない安定した姿勢を作るには、内臓のアプローチは必須になります。

自律神経調整

メインとなる自律神経を最後に調整をしていきます。

自律神経は頭蓋骨の状態に大きく影響を受けます。頭蓋骨は一つの骨ではなく、複数の骨が組み合わさってできています。

そして、この頭蓋骨を構成する複数の骨も歪みを起こしてしまうのです。

この頭蓋骨の歪みを調整することが、自律神経の安定を意味します。

骨格、内臓そしてメインとなる自律神経にアプローチすることで、坐骨神経の負担の軽減につながります。

このような施術を繰り返すことで、自然としびれや痛みを和らぐ日が出てくるようになります。

歩きやすい日が増えていき、少し歩くだけで休んでいたのが、痛みやしびれなく楽に歩けるようになってくるのです。

あなたがもし何年もの間、しびれや痛みに悩んでいたとしても、そのようなことは関係ありません。
正しい的確な施術によってその状態は必ず改善していくのです。

まずは一度お気軽にご相談ください。

ウィル整体院

〒456-0002名古屋市熱田区金山町1丁目11-2 メイプル金山405